緊急地震速報の効果音

各地域で地震が起きた直後に、テレビで緊急地震速報の効果音が数秒程度流れます。地震の時は緊急を要しますが、音を聞いていると心臓がドキドキします。揺れの大きさに関わらないで聞いているだけで、地震が起こっている地域の周辺で大変な出来事が起こっている感覚に陥ります。 緊急地震速報の音を聞いた感想として、緊迫感の状況を醸し出していると感じました。情報で緊迫感のある音をアピールする事によって、視聴者に注意を促していると思いました。私の住んでいる九州の沖でマグニチュード7の地震が起こりましたが、深夜の時間に揺れた直後に携帯電話に地震の注意を促すメールが届いたが、メールが届いた時に緊急地震速報の効果音が聞こえたので、慌てて避難をしなければならない気持ちを持ちました。 震度の大きさに関係なく地震の時に緊迫感のある効果音で、避難の意識を高める事に繋がると思います。

緊迫感のある音を聞く事で危機意識を高める事に繋がって、安全に避難をするという気持ちが高ぶります。