ファミコンソフトの効果音の記憶

先日、ファミコン「忍者ハットリくん」のちくわを取る時の効果音を思い出し、無性にこのゲームをやりたくなりました。ただちくわを取るだけでいい。と思うくらい、取った時の効果音がクセになるというか、なんとも言えない感覚だったなと思い返しています。実際にこのゲームをしていた小学生時代は特に何も思わなかったのだけど、音による記憶って当時の感覚を鮮明に思い出すので、凄いなぁと思いました。 続いて、「シティーコネクション」。 流れている音楽が、クラシックでとても優雅な気持ちでゲームをしていた記憶があります。やはり大人になってから思い出し、とても聴きたくなり調べた記憶があります。 結果、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」だということがわかり、動画サイトで調べて聞いてみました。これだぁ〜!!と感動しました。子供は運転出来ないけど、まるでニューヨークの街をドライブしているかのような素敵な気分にさせてくれたゲームです。

カテゴリー: